Home > 家族葬とは > 葬儀社に依頼する前に知っておくこと

葬儀社に依頼する前に知っておくこと

日本人のおよそ9割が、僧侶の読経を伴った仏式にて行っています。しかし、最近においては、形式や世間体を気にしている葬式より、故人らしい葬儀を志向していく傾向が強くなってきております。そして、葬儀における形式の種類に関しては、仏式や神道式、キリスト教式等、特定の宗教による形式や無宗教による形式のものがあり、無宗教の葬儀に関しては、自由葬や音楽葬、お別れ会や偲ぶ会、生前葬と呼ばれているものがございます。なお、葬儀の規模を表しているものとしては、密葬や家族葬、直葬や社葬などがあり、葬儀にはどのような種類があるのか、あらかじめ調べておけば、葬儀社との打ち合わせの場合に役立つでしょう。

また、法律においては、死亡後24時間を経過している後でなければ、火葬してはいけないことや墓地以外の区域には埋葬や埋蔵してはいけないといわれる規定はあります。しかし、儀式に関する法的規制に関しては一切ございません。つまり、こだわりたいことがある場合は、どのような葬儀に関して行いたいかに関するイメージを明確に持っておくことが重要となります。なお、葬式は、葬儀や告別式と一般には言われます。しかし、本来においては、葬儀と告別式に関しては別の儀式となります。しかも、葬儀に関しては故人を葬っていくために行われていく宗教的な儀式であり、告別式に関しては故人と親交のあっている人たちが最後のお別れをしていくために行っていく儀式となります。つまり、葬儀は必ず宗教儀礼にのっとっている儀式となりますから、宗教色がない葬式に関しては、告別式だけの葬式といったことになっています。ただし、最近においては、大規模による葬儀以外は、葬儀と告別式を同時に行っていくことがよくあり、一般による会葬者も葬儀より参列して、なお、一般による会葬者が日中の葬儀や告別式よりもお通夜に弔問する場合が多くなっています。

直葬に関しては、葬儀を行うことなく、近親者や友人など限られている関係者だけが火葬場において故人に別れを告げていく弔い方となります。また、以前は、経済的に難しいことや身寄りがいないといった場合に限られていました。しかし、最近においては、簡素な送り方を望んでいる方や、なお、経済的負担を軽減したいと思われている遺族も多くなっており、直葬に関しては年々増えている傾向にあります。そして、直葬に関しては無宗教にて行うこともできます。しかし、仏式の葬儀のように、火葬時に僧侶の読経を依頼した上で行っていくことも可能となっています。しかも、直葬の場合には、葬儀に参列した上でお別れをしたかった親族や友人に対する対応を考えておく必要があるでしょう。つまり、誤解がないように、葬儀を行わなかった旨による連絡が必要となるでしょう。

次の記事へ

PAGE TOP