Home > 家族葬とは > 遺族となった時に必要なこと

遺族となった時に必要なこと

船橋市の大きな医療施設なら大抵霊安室を備えていますので、入院中や救急搬送で亡くなられた場合、ご遺体はそこに安置されます。その際、遺族側で葬儀屋を決めていない時は、医療施設側で手配してくれることがあります。しかし、それぞれの業者で取り扱っている葬儀プランや料金も異なりますので、リーズナブルな家族葬などを希望している場合は、自分で葬儀屋を決めた方が良いでしょう。そこで、船橋市で葬儀の依頼先を決める時は、こちらの比較サイトを活用すると便利です。この比較サイトでは船橋市で行える家族葬を比較できますから、数々の葬儀業者から選べます。

葬儀のトータル費用が業者間で違うほか、病院から葬儀会場への移送料や、一時的に業者側でご遺体を保管する安置料なども相違するため、いろいろな葬儀屋をチェックして申し込み先を決めましょう。中には葬儀業者での安置料がサービスされる場合もありますから、各業者の提供内容を細部まで確認することが肝要です。前もって葬儀屋を調べることは看病や介護に直接携われている方には敬遠したい事柄ではありますが、予め葬儀屋を決めておきますと、もしもの時でもスムーズにことを運べます。また、まわりのご家族が葬儀屋を探しておくことも有効ですから、先ずはこちらの家族葬の比較サイトを使って、船橋市にどんな葬儀屋があるのかだけでも調べておくことをおすすめします。

家族葬なら仕事上の弔問客を呼ばなくて済むため、コンパクトな葬儀ができます。そのため費用が安いことも魅力ですが、葬儀屋によりましては、密葬や火葬式などに分類されている場合があります。その業者でも家族葬を行いたいと話せば殆どの場合通用しますので、先ずは希望の葬儀プランを話しておきましょう。予算がある時も、事前にその金額を話しておきますと大抵相談に乗ってくれますから、伝えてみてください。また、葬儀の当日は、斎場で故人と最後のお別れをした後、火葬が終わるまでの間、予約した個室で待機することが一般的です。ですが予算を抑えたい時は、斎場の喫茶室を利用するという手もありますので、特に個室が不要なら、申し込み時にその旨を葬儀屋へ伝えておきましょう。そのほか、希望の斎場がある場合も、その葬儀屋が対応しているか、予め確認をとっておくことが大切です。そして、病院でご家族が亡くなられた際は、既に葬儀屋を決めていることを病院側へ告げてください。葬儀業者が病院に到着するまで時間が掛かることもありますので、葬儀屋への連絡は早めに済ませておきましょう。もしも葬儀屋の電話番号を失念した場合は、病院の受け付けなどの相談窓口で、葬儀屋の名前を伝えますと大抵連絡先を調べてくれます。

次の記事へ

PAGE TOP